九州本部で行われる3つの修行

阿含宗の九州本部では日々多くの信徒が様々な修行をされています。この施設では主に3つの修行が行われていて、仏舎利供養・先祖供養・心解脱行の修行が行われています。1つ目の仏舎利供養は仏舎利の供養行を積極的に行って自身の因縁を解いていくのがこの修行の特徴になります。2つ目の先祖供養は成仏法に基づく先祖供養によって、先祖の怨念による悪影響を消滅させるための修行です。

3つ目の心解脱行は自身を戒めて規制する修行で、心の欠点を見つけ出してこの欠点を改善するために先祖の供養を一生懸命に行いながら修行をしていきます。そしてわるい心の因縁を断ち切るのです。九州本部ではこの地域に住んでいる人々が率先して仏舎利供養・先祖供養・心解脱行の修行を行っています。自分自身を高めるために修行をしますし、ご先祖様のために修行をすることが阿含宗の九州本部でも行われています。多くの人が率先して修行を行っています。

阿含宗 九州本部
http://kyusyuhonbu.net/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 西多摩郡 老人ホームの中でも社会福祉法人清快福祉会 特別養護老人ホーム清快園といえば、費用が安くて質…
  2. 初鹿明博がビラ配りで感じたこと初鹿明博氏は政治家ですから、政策や自らの想いを少しでも多くの国民に届け…
  3. 慶應義塾大学を卒業後、化粧品会社に就職して、その後美容ライターとして活躍している牧野奏子は美容・化粧…
ページ上部へ戻る