九州本部で行われる3つの修行

阿含宗の九州本部では日々多くの信徒が様々な修行をされています。この施設では主に3つの修行が行われていて、仏舎利供養・先祖供養・心解脱行の修行が行われています。1つ目の仏舎利供養は仏舎利の供養行を積極的に行って自身の因縁を解いていくのがこの修行の特徴になります。2つ目の先祖供養は成仏法に基づく先祖供養によって、先祖の怨念による悪影響を消滅させるための修行です。

3つ目の心解脱行は自身を戒めて規制する修行で、心の欠点を見つけ出してこの欠点を改善するために先祖の供養を一生懸命に行いながら修行をしていきます。そしてわるい心の因縁を断ち切るのです。九州本部ではこの地域に住んでいる人々が率先して仏舎利供養・先祖供養・心解脱行の修行を行っています。自分自身を高めるために修行をしますし、ご先祖様のために修行をすることが阿含宗の九州本部でも行われています。多くの人が率先して修行を行っています。

阿含宗 九州本部
http://kyusyuhonbu.net/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 東堂一義が現在はまっているのがプラモデルとミニ四駆です。東堂一義が小学生のころに流行っており、男の子…
  2. 村上悦栄は、練馬区北町などを中心に活動している人物です。練馬区議会自由民主党の副幹事長を務めるなど、…
  3. 現在独身である浦壁伸周は、身軽なフットワークを活かして興味があることにはどんどん挑戦しています。浦壁…
ページ上部へ戻る