ワールドフレンドシップコインの仕組み|WFCの事業の取組み

仮想通貨ワールドフレンドシップコイン(WFC)は地域貢献とそれに関わる事業活動を通して、世界平和・世界友好を目的として設立されました。その仕組みと現在取り組んでいること、これからの展望などを紹介します。

仮想通貨ワールドフレンドシップコイン(WFC)の仕組み

仮想通貨はその価値を上げていくために、さまざまなプロジェクト開発やマーケティングなど、さまざまな総合的な取り組みを行っていくことで、右肩上がりにその価値はあがっていきます。
そういった中で、ワールドフレンドシップはどのような取り組みをしているのかというと、以下のものがあります。

・ダイヤモンドの原石販売事業&オリジナルブランドの立ち上げ
・プロサッカー選手育成事業
・ボランティアのマッチング
・チャリティーオークション

以上のようなさまざまな事業を行っています。お金の流れは、事業に賛同した人が取引所でワールドフレンドシップコインを入手し、その資金を各事業の運営費に充て、得た収益を入手者に還元する仕組みとなっています。プロサッカー選手の育成やボランティア、さらにはチャリティーオークション自体がすでに地域貢献の一翼を大きく担っていることになるのです。

ワールドフレンドシップコインの取組み

ワールドフレンドシップコインのポリシーは地域貢献と世界友好です。仮想通貨ですから、多くの人に利用してもらわなければいけません。そのためにもワールドフレンドシップコインの事業に賛同してもらわなければいけません。そのための事業は、ダイヤモンド事業、プロサッカー選手育成事業などがありますが、今後のワールドフレンドシップコインの取り組みとして、オンラインショッピングモールの構築というものがあります。

これは、厳選された優良企業が参加できるオンラインショッピングモールとなっていて、ここでショッピングをした購入者はその商品の購入金額に応じて、ワールドフレンドシップコインと交換可能なポイントを受け取ることができる仕組みです。収益の一部は参加して加盟店にも還元されるため、安定してワールドフレンドシップコインの保有者の増加にも繋がっていくのです。

まとめ

ワールドフレンドシップコインの事業の強みは、ダイヤモンドの販売事業にあります。原石の仕入れルートを確保していること、そこから研磨から販売、ブランドの立ち上げといったように仕入れから販売までを一括して行うことができるのです。ダイヤモンドの価値は下がることを知りません。そういったバックボーンがワールドフレンドシップの強みとなっていることは間違いないのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アレキサンダーアンドサンで利用できる免税店とは?   アレキサンダーアンドサンの事業の核となっている…
  2. 現存する日本最古の天守閣こんにちは。岡田正純です。福井県は歴史的にも沢山の歴史的建造物が多いのですが…
  3. 株式会社ライクスの歴史株式会社ライクスが営業代行事業を事業ドメインにして起業したのが、2013年3月…
ページ上部へ戻る