株式会社ライクスが大切にする理念「Bring Your “Likes” into a shape!」

株式会社ライクスの歴史
株式会社ライクスが営業代行事業を事業ドメインにして起業したのが、2013年3月。その後通信キャリアや代理店事業、人材サービスなどたくさんの人に支えられて、変化や成長を遂げてきたといいます。もともと代表含め2名で起業した株式会社ライクスですが、1期目には3名入社し、5名に増員。2期目には、新社員やアルバイトが入社し、2017年の5期目では、アルバイトスタッフだけでも1,000名以上が在籍するなど、着実に顧客企業の信頼を勝ち取り、規模を広げてきました。年功序列を排除し、完全実力主義なのが、株式会社の特徴のひとつ。それゆえ、実績を残せば実績を残した分だけ、自分に還元されるのです。組織体制は幹部レイヤーが集まり、話し合いのもと決定しており、代表を含め20代〜30代が上位職で活躍しており、年齢に関係なく自身の能力を最大限に発揮できるチャンスがあります。株式会社ライクスの平均年齢は24歳前後。最年少は16歳、最年長が44歳と、幅広い年齢層が生き生きと仕事をしているようです。社長が主催する食事会や、社員同士の旅行など、その場のノリがきっかけで実現することも多い社風なので、自らのアイディアや自発性を活かすにはぴったりの職場といえるでしょう。

経営理念
経営理念である「Bring Your “Likes” into a shape!」について、株式会社ライクスは顧客やパートナー、写真や関わったすべての人が笑顔になり、「LIKE」といわれる企業を目指したい、と考えています。自分が好きだと感じるもの、顧客企業を始めとする周りが好きだと感じるものを、実現するのが株式会社ライクスの目標です。人材派遣、人材紹介、アウトソーシング、教育・研修などの業務内容に加え、顧客の利益を念頭に置いた上で、さらなる成長のサポートをしています。

株式会社ライクスの社長とは
開設当初は代表と社員1名の、計2名でスタートした株式会社ライクスですが、社長がどのようなバックグラウンドで活躍してきたか知ることも、その企業を知る大切なポイントです。

【代表取締役 プロフィール】
渡辺大介(ワタナベダイスケ)
生年月日:昭和59年7月7日
身長178センチ

〈経歴〉
平成15年3月:長崎県大村工業高校 卒業
平成15年4月:陸上自衛隊(第七高射特科群 竹松駐屯地) 入隊
平成17年8月:陸上自衛隊(習志野第一空挺団) 除隊
平成17年9月:株式会社プレミアライン 入社
平成18年7月:同社 退社
平成18年8月:株式会社フルキャストマーケティング 入社
営業部 営業課長拝命
平成20年8月:同社 退社
平成20年9月:株式会社ヒューマン・ライジン 入社
専務取締役を務める
平成24年1月:株式会社ヒューマン・サポート 設立(株式会社ヒューマン・ライジン100%子会社)代表取締役(兼任)
平成25年2月:株式会社ヒューマン・ライジン 株式会社ヒューマン・サポート 退社退任
平成25年3月:株式会社ライクス 入社
平成26年9月:同社 代表取締役 就任 現在に至る

社長は自衛隊出身のため、体力もパワーもあり、アグレッシブなタイプです。常にポジティブで、困難にも果敢に挑戦する姿勢を貫いています。また、スタッフのモチベーションを上げるために食事会を積極的に開催することもあり、そのような交流がきっかけで社員同士が旅行に出かけるなど、和気あいあいとした社風があります。社長は従業員とは家族と等しい存在だと考えており、ときに厳しく、ときにやさしく、ムードメーカーな役割を担う時もあるそう。オンオフがしっかりしているので、プライベートでは上下関係を感じさせないくらいフランクに接してくれるのが特徴。社員との信頼関係をしっかりと築くことで会社全体のさらなる士気を高め、それが設立以来の実績と企業拡張に結びついているのでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中込直樹さんは長崎市出身の精神保健福祉士兼相談支援専門員です。 幼少期より人と話をする事が大好きで…
  2. セカンドアース、レム(RHEM)この2つの言葉が指し示すことは、私たちの今後の人生に重大な影響を及ぼ…
  3. 島根県にすんでいる大淵裕昭は、昔からアニメが好きです。もともと彼の兄がアニメ好きだったこともあり、兄…
ページ上部へ戻る